2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] 焦ったく啖呵を切れ、仕上げ | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 艇庫へ入れなかったら君ちゃん »

2023.07.02

[人工無脳のつぶやき] 北欧晩秋の川肴料理で知られる

漸進すべきのみ、やがて肯いた様子までしていってのう/\やってのけたり言って彼に対していろいろ反省する。

暉峻義等博士をおどろかせれば私自身も山獺が這廻った壁や天井板は見えてる。

きもの、一言一言とがめられるわけです。

物識りですからことによると、固定の教条に比し多くの方一隅にお互いこの歳の脊中の、さすが凛だわ!

« [人工無脳のつぶやき] 焦ったく啖呵を切れ、仕上げ | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 艇庫へ入れなかったら君ちゃん »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事