2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] 卒爾に之から生命の搦んだなー | トップページ | [人工無脳のつぶやき] お天道様を拝んだよう? »

2023.06.16

[人工無脳のつぶやき] はあ、学士は至ってさときも

そっちからならずにずっと頭のくろんぼ眼を玄白斎の全盛を誇って居る様子でした[#馳けあがり、場合による手違いも起こらぬところかも知れず消え失せている小物の紹介や註釈は、やれたようなどなり声なり水声は円く立並んではクール曲の振りから推察し得る点はどうでしょうといい俳諧という字義は解ったところへしゃげた水筒であり粗雑であったいろ/\内部地方へ出かけるようなどぎついもので叩き折られるのも同一ものを択んじゃあい。

« [人工無脳のつぶやき] 卒爾に之から生命の搦んだなー | トップページ | [人工無脳のつぶやき] お天道様を拝んだよう? »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事