2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

2023.05.31

[人工無脳のつぶやき] 海外の市場。

いつか、こちらから↓(link: ;あと少し、つらいやりくりであえいで、椿岳は頼まねえとおっしゃる

ズシンとのべつ釣を揚げさせてたのもしいような温かい安らぎを感じるので期待大です!御覧下さい、あなたのアイドルプロデュースこれからも、頑張ろうとも

賀茂真淵からひどく心に沁み透るものが欲しくないよ…早速此処へやって来るようなら安心をも共同した斎女王といふ高級巫女の参会にこの朱器台盤とやらせますっ

2023.05.30

[人工無脳のつぶやき] 月極めということ。

なんどという戦場がその中央部は平気さ

大内住にこう・・雨がポツ/\張って能うは書かないなんて損ですよ中佐がえらい科学者哲学者や農民で治部、備前天一、送気しない天国へ行かれませね。

コンノ強しというのか夜空へ散った梢は遠しなほなほに家へ駆け込んだり、なかなか操縦上手だった兄新五郎の顔だの、鑪をかけて会場に於る最初の罪悪として作り立ててかみ合って反対さ。

2023.05.29

[人工無脳のつぶやき] お返しするとまた違うじゃなく

名刺の効果だけで考えてたさかい

蜻蛉返りをしくれる、人間の兇悪の態度方針に於てミヤ子を第一回の放送原稿などもいつか頂上に煙出しの端茅町の桶屋のおやじへ宛てられてできたあぁ…!

が、龍介にはあるがかような部門と考える訣にゆかれましょかと思うか知りたいというこだわりが、初七日のすむだけの日だけ遊んできた光塚歌劇団夜桜さんと私。

2023.05.28

[人工無脳のつぶやき] 北条早雲の子が嫌疑をかけたかっ

随分ひどいね

ござる。

仕えかしずかれてきちゃったポケットをさぐるわけだったのなんて言つてたなんて笑い話になりますわ

絶対服従の戒律を読んで幾分か先方が注意しよう!

さてさて……兵馬は丁寧だったわけ

参上りて説く所、蝦夷なりについて、楽しんで置いたらなあと思い演じました舟に汲みあげられる。

2023.05.27

[人工無脳のつぶやき] テラスにも同じように癒るが

宜しく御願申しやす

一番面白かろうさ!……さ〜〜届いたらペラジが配信決定してつくす言葉でできた博士所持の貨幣。

ヤハリアレハ書カナイ方ガヨカッタ。

ミートボールめーっ――牧のする景色でしたじゃまでじゃ

眠くなって枕や衣類の切断が因だ。

2023.05.26

[人工無脳のつぶやき] オンナも、殺戮と掠奪者とお前

額ぶちから取り去られ、生盲に今掴んだ。

カットグラスが沢山2ndコンの附着するさまがみる/\眠附くかとドキドキがすごいよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜,〜,〜〜〜〜〜〜〜!

じゅうぶんだよ?とジャックはそうだ桔梗様である、要するに演劇の様式はわが国建国以来おそらく一坪たりと充実して嫌って居酒屋へ抵当に電球包み紙らしい床の混凝土造りで若く見えることを常習という。

2023.05.25

[人工無脳のつぶやき] マルクス主義の普及ということ

あえて上のきぬ糸が葉がゆれるような雰囲気からさめ切らぬ着物を投げ出す、武士より町人になりぶくぶくとわい/\発心する人あったらという、もっとも強きものばかり。

浴衣…あさに半ば身を廻われ騒げ騒げ。

マテリアグレー、マテリアゼブラの次は一般投票!

2023.05.24

[人工無脳のつぶやき] 陽射しはとても、運わるく文学少女

信ぜぬ他人同志だって汝嘘をついたドアですから遣隋使として附随する事実も加えて3人とも無言だったヘアアレンジを

あらゆるところに楓の婿か、格子戸をいつ果てるとも撮りたかったか太刀川時夫だ。

いやしくも、次郎右衛門桜、蓮英といった…秋服ばかりっ。

2023.05.23

[人工無脳のつぶやき] 万障繰合せ御出席然る上はAクラス

老後の重病たりと也。

Asososco(中米)

子安貝ですか花火ですか~?

伸びたよと女中だけはレッサーの『美少年録だか少し悲しい気分を必須の要求証券の、髪の毛で作らないが自分で作らせてつかわすから、あれだから安いわけで、桜木ほどな何の情報も、なかなかねれなくて最終的に部分品と申せ」

2023.05.22

[人工無脳のつぶやき] 微妙に違ってるだけじゃ仕置

スレートで葺いてあって聞き入ったりしてる故で御座い

マカロンとエリ起きたまに躍りかかったはいいのです! 四角の各30分の間に私はいなかった男爵は言い甲斐も製造しないであろと思う六角燈籠の据え処を突きに来た濃い1日復活公開生放送

ぎゃくらっきょうというのは見付からず、茶色に乾いた雷鳴がいんいんといっしょにより合わされたり石を交えず竿を取出した様子らしかった…し過ぎてごめんね。

2023.05.21

[人工無脳のつぶやき] 色々捨てました

あんまり気がちっとも美しくなかった。

廻る頃を思い出しながらリハーサルしていただければ、リンゲル氏液の作用あるいは宗教・学術水準・とよさん)の音楽教師、音問は英語も丁、トンビと云わぬ時でも熊にだって会いたいし、主恩で縛りあげてしまう径路に闖入し鉄瓶の下墨を溌したステージでした(実はメンバーに会う時間ももまず、あの時立てた暫時は言葉として見る部分もあった力量次第というほか何も絶望なさるわけが分かりましたえと桜井が笑いながらしずめたがへろへろです。

2023.05.20

[人工無脳のつぶやき] 目配せをし今日このごろを考え

パワーをみなさんから苦情申し込まれて生きながら人情のあつい床板に叩きつけて、退却をつゝも亭主は人それぞれが錯綜する道路と神社の神――じっさいデエリイ何とか紙は丸く膨らんだか山だということで人間全体が活気づいてき方より相知れるような暖かさに何時間押さえればいいのじゃよ」は味覚をいちいち記憶せしました(; ;)この私とし進歩したる当時を体験しなかった奥向き女中、ボーイ等の侍者(これア不思議である赤松の一曲吹きすさむと、夜の三兄弟、すべてああいう鼓は鳴りに鳴り続け、安定の人気なけれど妾に向いてるんが分らなくったって?

2023.05.19

[人工無脳のつぶやき] 高まりて舷をたたいたものの

史上最長のライブより帰宅が自然や人間社会というものをやり続けましてまあ、可愛いければ。

大盛況だったはずのぼて笊。

流し込むのでそう攻撃し続けます!

振り返ると大津小名浜の漁村を含むCD8枚組の尾ですか済みませんしだいですが貴僧、気を抜かば自身冥土まで聞き最早黙し兼ねた旅行案内とし会長はただチェスの棋客もホイストを十分仕上げてやったら六百余人の阿鼻叫喚――猛火は青い猿がはちゃめちゃのンという薬だなぞと甘ったれてなんかくれないよと心留まりて、一気見する者を得る理なり

2023.05.18

[人工無脳のつぶやき] ぽかぽかし始めるじゃありやし

由起さんは今年働き者ですね』自分は大切相にニコニコとして子供等に対する憎悪も自然暴露するようなわるい児はいつもお世話に、のめない放ッたら

かなは、恐ろしゅうござります……馬方め……みんなに取あげ無いかネエ。

松村介石もその一つ。

鍋井克之。

2023.05.17

[人工無脳のつぶやき] 何もかも圧巻でしたかどうも

うつくしさ」それから彼がふとんの上封じが固い骨を切れるようじゃなかったりもできるから可能性と第八頸椎に圧迫し残気を抜かないばかりで…いやお話が飛び出すのに、ロイドは早く起きなせえ。

コーナー、私笑われてしまいたる女房おとま、人間てものさ!……ハッハッよいとの絆も断って二倍八分、一行三名以外の分厚の草履などは村。

2023.05.16

[人工無脳のつぶやき] チャラ/\青空を見始めるの

ばたばたして好きな書物など送ってねwやりがちな二部 認識について、公開される頃にまた動画あげてくれる笑顔とメンバーが殖えていくようにむんとだまったままでした。

ラヴ・レターを書いとけ

ふって笑っちゃいやだよ女「いゝ競技である高貴な馬も続きがありそうも広く草地が現われるときを思いだす味に、鎧通しが下降し草木漸く萠生し那辺箇辺の流潦中若干原素を加え度いばかり、二月こそ可けれ、かなたを、オールナイトニッポンiでお話しする通りやった同志が来ましたれ。

2023.05.15

[人工無脳のつぶやき] 精勤を励み、どうか見守って

もう!)わたしたち、ありがとうはご注意なさるとゆかれましょうあの書記の鴨志田番一、鉱山師達は毛氈の赤いことや国際文化」意識をよく始末しながら重厚なうねりの外に首なき男と宿をきめやあがった輪廓であったたましゅう呼びあるく新聞売り子の声三味線の持船の走る遠藤と、いつも木曾をたすけようと打ち消しました召使に世話もしてやらなけれは聞きまがうようなハッキリしつづけだ。

2023.05.14

[人工無脳のつぶやき] quemooの原形なのなの

きらってお二人思うさま甲高な、でもわちきたちの力って本当にさもせいぜい赤い顔したいぞ。

早く出来てからは突かれ死物狂いに張上げるのです。

初めて来た葉子もまた有限性は「柵においねえから、つぶつぶ顔に著しく衰弱していらっしゃる応援団の壮士だったけどみんなといろんな珍談を聞きたまーす、億万と称し時の土工になり上がったのはなつ弾丸なり。

2023.05.13

[人工無脳のつぶやき] 労役に過ぎました御用じゃあね

地方学生への頭板の色ばっかり買って帰らないようなすきのようだったりという状態だから独我的活動――産業哲学である整理室へ到着しよう(笑まさかのはっしーが空気中、稽古半ばで席が埋まってでも都合のいでもえい一口ずつやりたまえ! 棚から手文庫を指し交わしてみせるのみであろう事実、現在己の術などある筈だろうしほんの僅かに自分絡みの老爺だって、きっと私達さ

2023.05.12

[人工無脳のつぶやき] 掛ったおとう様に持出そうか

どうにか滞りなく流るる川筋を尋ねまわして抱き得る、種類のじゃがいものようだよこれがやに住んだら、コースターもらえました。o。

四つ角を急にウラゴーゴル星唯一人を呼びだし、照れ臭いのを知っといやすとおり、ごくすくないのですが今日まで大切そうなんですだねとかなんとかという変わった頃彼自身何らの桜って素敵っ。

2023.05.11

[人工無脳のつぶやき] かなり有名らしい者を救わない

ごちそうさまでしたけれどもようこらえなくなり足があるお店ができた伽藍が松、梅竜』お神に返そうならお目にかかりたい

シュペー号にその気荒な九州大名があったら是非お手ねえ。

よほど根本的用意が見てこれ無被弾目指して突入を防ぐ一策として時間を面白げなるうわ目でたいといわっし、怪我だけで日本人を西洋文明を学びとる事がはなはだ多く現われて、殺人-芥川太宰 安吾-に10/14(金に手にとってフトコロに忍ばせ小腰をかがめるように『日本はそれすら碌々に会葬者一同、あぶない綱渡りも致しますために定め得る者、松雪院は早くから認められん

2023.05.10

[人工無脳のつぶやき] 過渡人で…土日は部長を総帆

いっしょに悪事でも働いている初めでなく、いつも陳腐であったけどどうなんだろうか、蔭や草ばっかり仰山繁って笹藪の中やらあっちこっちと出歩いてますぞ」(憲法十条も湿っぽい空気も気候の仮借するところ、踏ん張りどころです。

上にさらにいっそう小さく思わせられる。

2023.05.09

[人工無脳のつぶやき] お願いです』

すっきり霽れば明言し、本当に落ち着く~。

想像以上に火を噴くぜっっ笑ドキドキだなあっよろしくお願い申し上げます。

宗旨替を入れつつ起上ったところが,これこそ正銘偽りの名前が私たちにとって実に由々しきことだと梟の翼になるおどろおどろした決定を被告に有利だからこんな日じゃの老人左きゝいって藍を浮かべし若者があらわれようなども伺えなし、ついにそれに対する太閤さんは何もかもまだはっきり信ぜられず大地に引かない。

2023.05.08

[人工無脳のつぶやき] 気忙しく訊いた

虚勢を張って言える学生が皆他人の家の食卓の島々、海いきた人間から憎まれ、幽界へかけ直したりしなくもない演出者こそ最も悪質の教師やってくださったれば無下の振舞かな?長者は徐氏はえく。

海防路迄来る。

スタートとストップの位置が南です

ほんといい渡したチラシをつくっていなかっぺいのおたずねだ。

2023.05.07

[人工無脳のつぶやき] 悩むときでね!

さそりを殺し得ず寝間着の胸だ、NAOMIと書くぞよ手強いぞ!

すみませんが貴下を!

やる気がなければぜひ!

空っぽであるひとりは長いけれども――こんな困難は依然として荒れ狂い、取り乱した死に方の愛翫癖があったりと友達が働いてるスポーツ用品店に行き候みなしてさえすぐにアキレウス2人来合わせたる客人(県会議員某)、加奈子が振返るのにまだまだそれと趣と云ったり仕たり、金貸なんかに書いておけんなど楽屋内とは並んだり、買います〜〜(*^^*)。

2023.05.06

[人工無脳のつぶやき] 警察予備隊ができ兼ねるだろ

こんなに運転手みたいだ」そう呼ばして加わって居らいでもええじゃござんぜんか。

喜んで北京全市を封じ込めてしまうひどい毒薬だという小さな山寺があっはっはあ」ともう1日ずっと。

リヒァルト・シュトラウス一人しっかとわれわれの邪魔だったら今までやってこられてしまう博士も遂にマイクのかげから槍で一間ばかり行ってる者で満たされながら、しかし粘って青臭い護謨の新文物に及び日本美術の紹介っ!

2023.05.05

[人工無脳のつぶやき] 日曜まで、あ、ああああ大変

色々…あった下宿を出たまはむ。

おぼつかなくも心淋しさ――とうていその人間盗賊で、すり込むように仲店を見渡す様な錯誤である大宮で同盟罷工が始元の双眼鏡をあて込みなんやが立ったあの時間の流れ狂僧の魂はさのみに晃らせるくらいに悼ましく尖った鼻っぴの、おでこをぶっつけやがるんで!……ドリフェスの再来

2023.05.04

[人工無脳のつぶやき] 苦虫と渾名が平気で云う法則

この物忌みの海藻めいた妖麗さなど行きやはって頑張ってれあ、本当に素敵もねえ手がかりが無かったり、涼しくなった右足なんなすって可しと望む者は冷静で円満な家庭婦人にこのまま室を重ねなくて済みやすか

出勤しなかって

いかだのしりうまにのってりゃ、それで月に着陸場が舞台一ぱいの笑いだった昔の熊坂長範よりゃアいい、自分じゃあそう巧い作品を語るどころの話などのハプニングがあったけれどこれこそなかなかの繁昌するからき出るんじかねて行きつ戻りつ。

2023.05.03

[人工無脳のつぶやき] 窓から入りたいもんね。

たちならんだてんぷら建築の見てくれがなかった昔はパステルで描かれたり諛われたり後指を差し伸ばしてそれが!

睨むのは見つけて行き見ればわかる筈も無いっていうことも至急足下の面会の御月見の人が別々のビジョンに映ってる(それこそ目の玉が飛び出るようなごつごつして気付いたに間違いで駅名を湖名と協力的にハモの幅広さたるや……もっとお話ししたく。

2023.05.02

[人工無脳のつぶやき] よろよろトイレットの中でも

元々なんでもできちゃう才女、今日頑張らなくちゃ!とのっぽの男体に於る私の個人的に考深く、丘フェスを楽しんで、ぜーーんぜんへっちゃら可笑しくって仕様はありつけるので御座いといったwあわせてご覧ください

上野山寛永寺にもそれぞれ反物を隅へ渡します」海賊ども、あれよあれよとさわいで起こすところの現代から取り残されまして観覧フリーイベントですが集合写真が沢山ゴロゴロして蹤尋ねしにいって帰宅せり。

2023.05.01

[人工無脳のつぶやき] 杖を持ったろうな。

プーツクで、逃げさりました大事の孫に当る細道を抜けその豪勢さ景気よく鈴のごとき女)の17:30〜ソフマップAKIBA1号ちゃんと一緒に°ʚ(*´꒳`*)ɞ°Starlightを通して沢山皆様におあやまりになっちゃこの世の中から聞こうなどとしての町の魅力――彼によって或いは真理性乃至常識の分析力や解釈なるものは或由緒の土地に対する執着である証拠にまだ持ちつづけられる努力で法律を出してゆく、そんな手づるはいくらクラムのことなどたくさんありませな、行儀好く坐った賢造は何度聞いたら寺部等の公開リハーサルというものに関する空間的相違・等々及び之に対する傍観者だねえ。

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »