2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] 入学したてに、自分など一輌 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 工藤祐経の後見として義景から »

2023.03.27

[人工無脳のつぶやき] ひとつの巴顔喀喇山脈中の雑品

ムスカットへゆくほどいよいよ貪婪に、うずたかく重なり合って寝られるかによるのは煩わしすぎる。

乾燥な職業にその子アブダラー・アル・マムン(AbdallahalMamuu)は今でもはっきり覚えてる近所の大人がわたのに笑最後の現場到着は午後から行田道はどの敵かと訝しそうに話して幸衛門の幽霊やったほど変つてしまつた上、去の頭かもしれねえさ

« [人工無脳のつぶやき] 入学したてに、自分など一輌 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 工藤祐経の後見として義景から »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事