2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023年3月

2023.03.31

[人工無脳のつぶやき] 新高、尾上橘之助さまに会いたい

ずっと飾ってある鰹節小刀を膝まで水に含まれ得るのみだった銀杏のかげかもしれやア置いて云い返すのと、もちろんします時も弾丸をもそれくらい楽しかった理由で留置したレンラクや時間や体力に自信ないってくらい(笑たくさんお話ししたい、ナイーブでありアーティストでも、妥協や譲歩をしやあしねえげ……みんなに別れの茶を火燈口の下の狐狗狸であろう笹川のところで。

2023.03.30

[人工無脳のつぶやき] イセ(伊勢八幡のお稲荷様の

先輩が、信用させるのです其所から所天がありません両人で此事件の善後処分を乞うはずは?どこか生温いので、ソロソロ放そうとずっと降って川風のグタランとかき氷〜小顔効果の到着は十年ほど前…、ウンウンそうだよね!

すくすく生い立った武蔵野は、天地人や、キャラ蕗、車除石に登ってる奴だろう、ナゼ男も「折角お前にちと御願いだといひますしこれ等五つの年棒が始まっちゃったん

2023.03.29

[人工無脳のつぶやき] あえて最初からいるのなんぞ

せらるるをもって、仮にお前の姨さん、先輩も皆見るに決して無意味の自由時代に一時はほとんど分からないんじゃ〜これは大沼に流れてまして、生放送ですよ法水麟太郎はいつものように昼間からその早手廻しのえい若いものでもなく浴衣をだらんとのばして長い、そしてどちらの云い値で売れる。

2023.03.28

[人工無脳のつぶやき] 工藤祐経の後見として義景から

愚弄致すな、普段、モオツァルトの作品にゃ虫酸が走りだしますものぞよぞよ。

運命力。

の野崎村の説正しきも、全力的に高雅、所有欲と熱望の大半かくの如き深解の跡、質ねさのいもあとも矢の行く末々を思うと自信がもてるんですけれど(日数にしあるいはもっと多人数で行けそうなるだろうと思い御紹介状でも見せろと言い争いが起つと仙が介添気取りで書きならべただけそれだけ動物に比すればいまだかつて人間の保存および発達せんけりゃ困る。

2023.03.27

[人工無脳のつぶやき] ひとつの巴顔喀喇山脈中の雑品

ムスカットへゆくほどいよいよ貪婪に、うずたかく重なり合って寝られるかによるのは煩わしすぎる。

乾燥な職業にその子アブダラー・アル・マムン(AbdallahalMamuu)は今でもはっきり覚えてる近所の大人がわたのに笑最後の現場到着は午後から行田道はどの敵かと訝しそうに話して幸衛門の幽霊やったほど変つてしまつた上、去の頭かもしれねえさ

2023.03.26

[人工無脳のつぶやき] 入学したてに、自分など一輌

絵双紙屋 団十郎・菊五郎などは絵付けを伝える、刺激に初めて触れた傷みたいな日々……きっと、あッしとら殿様贔屓の事凄い好きな花〜。

嘗の中で白髪になるよと先方へ言いますわ―さあ、大宮、ぜんぶ飛んじゃうくらい。

ハーモニカが、爆死したいし。

何より読者諸君若し昔のわたしで締めます。

2023.03.25

[人工無脳のつぶやき] Osorno( )の配下だっ

ちょっぴり悔しいからデザートを運んだところ迄取ってしまった活動写真の濡れ場に類するアンフェアなのは平助もおのずと消えた白の上映会が終んで後からつっこまれると目玉の中ばっかしで…しかも痛風やみを濃く立てる者ばかり……トマトを食べたいせいであっしゃこう思うんです(participer......ですから。

2023.03.24

[人工無脳のつぶやき] derneuerenPhilosophie

断捨離して咲揃う、群像へ切り込んだのじゃあなく、千枝松はこの背骨折りの経験であったから刀が鞘走り、その限られて開いた土地だのに反応するからよかんべどきに女ありし坊主なり何も遠い知らない所へ行く元気はぽっきり折れて鉄橋にされた!チチコフがコペイキン大尉だとおお声を、倉庫を設備したり口授を筆記するに正当でなければ帰れなかったアフレコ。

2023.03.23

[人工無脳のつぶやき] うけとって下さらねえで悠々

手提げ受け取って、相談事を改めて語りたい、鯨魚のお母さんじゃなかろう位を中国に振分たる後毛が抜けるようにもりあがり、金髪似合いすぎっあとスタイルも抜群だ。

とある看護婦代わりに芝居を説いたと感じる。

泣ける映画とかでも見ようと強く鼻をつんつんしたり!

2023.03.22

[人工無脳のつぶやき] 泡鳴の日常をかえりみないという

別の人間なのさ。

胡頽子の灌木が行手の道新吉さん何日特売デーだけの門下を牛耳っている細工場、斬髪師

ウヌ。

めに不吉きわまる門出である午前の六割が煙草にまたきちんと立てるのだつように見下ろしたりしちゃってるし、ダンス。

Mcadoo氏が退いたから勢観房は大きなクマのぬいぐるみと!

2023.03.21

[人工無脳のつぶやき] こなくて気になるベストアルバム

奈落へ駆けつけさっしゃったのが、鶴谷では私といった風景画を書いとけ

社員たちがもてあましているコラム、読んでみたり縁側に置いてる露の間の時間どころか、徹頭徹尾心の燠を火鉢にかざせば珠運別段急ぐという文字も明らかならしめ平和ならざる恋のエトワールも色っぽく、身でも立派な縁組みをすすめるけれど、PartⅡが始まる場所の選定作業に入る小川で水もいまだに生々しかったがな!と防敵によって糧を求めあぐねて居る手合が七尺ゆたかの堂々たる恰幅のある町人が武士は一層小児と大差なき議論の仕様ことなくて最終の晩泊った所、証拠や!

2023.03.20

[人工無脳のつぶやき] 戎橋筋そごう横の触覚を感じ

かわいて処女の様は短兵急だった標本として二、メガホンにしたり喪失しなかったわかい反逆者よ喃! 吐血の病監医員が心に上って星虚の如く言語動作を背中へこすり附けるようで、店端のない大切な品々が、叔父さん達は、首輪はひとりそうつぶやいたが矢はり出て冒険を不真面目なる季節が暑い。

2023.03.19

[人工無脳のつぶやき] すきから額が汗ばんだ四肢を

つっかえしてやろと思えよ。

ほてい屋という、沼の表つき、腰模様、言葉のさがる伝法なあの若旦那に合った感でて山代王をどなりつけはしたし芸風もまだ働いた、不心得な生徒で満員だったじにおかえりになるゲーム!

いただいても休憩のツモリだった筆力を見せて自分名義に書き換えたの知らせもなく疑いを生じ性気昂進して見えやすいのであれば 男です。

2023.03.18

[人工無脳のつぶやき] 歩いてけつかッこみだしたの

間道の守備が勤まるかッかじるべえ――それこいつだな~って自分たちの軽雲一片秋の灯よりも院長の言葉しかないんさせましょう死にましょうか確かでござる。

とびとびだったみんなの素敵もねえと呼んでるてばねえ!……ドリフェスの再来なりと直し、そして倦むことのメールヘンのテキストとしても開きやしねえや、燃える絹のようとしおったと信じよう。

2023.03.17

[人工無脳のつぶやき] 上毛三山の名説明。

張りつめた蜘蛛は猛然と走り出したような宗教者たちとして思い描かせる。

同罪なのを横はらしめて眼鼻もそぐと、その周りの、コーチがすんだろう。

あら、三ちゃん。

新禧万祝、中頃以後の戦争。

まーたん。

めのないお仕事(裁縫)を鏡に色彩るので無いのに気もふさぎ、口羽のすずめはなんにも係り合いに興味な学校に転職あるいはそれ以内の短距離往復は寮生間の不安定や、島根の諸代議士を誘惑者に云わるる満蒙の障壁すなわちコゼットが語ってる間は厄介である筑摩将監春久に挑んだ戦いだが…!」島君なら君に仕過ぎて何度聞いて頂きとう御座んすわ」と得意の猥談でも内乱もない市街、ブラゴウエシチェンスクの市街砲撃の少し前つぼ焼、白玉と三盆白砂糖の棒などに料理法などを空想しうる稀有な出来ごとでした・毛のはいっこくでご開業には数え切れない喜怒哀楽さまざまの雑談はもうおかねは長持のあいだも飲まなかったり喪屋は世間知らずだったけど、4ULINE大歓喜ですよごもり、など強い印象は大抵訊き尽したから眼だけ、長屋から挙げ、樟の木の根を、大好きなマートン技師と共にB組だったら問題に動機を忘れてしまったらいってしまう〜〜いお喋りになるみたいな儀式や虚強にしますように続きたりと謂わねばならなくすることのあれほど見つけ出したいといつしよになつたことになりますね!】彼は緑を盛り花を飾るなにかて口実みたいに丸める)

2023.03.16

[人工無脳のつぶやき] 中食した模様・・お師匠……

プラットホームにおい、木戸よりもその仮面の大将達が駆けつけ、大男がかえる

喫茶店を出ました狐さながら、秋露にぬれないようなれど吉次が、しっかり物を食べられるようでしたらそれで調節する最も必要とを提供し目前の日々を暮らしましたーーーくさーーーーーん美味しいもの、長屋。

2023.03.15

[人工無脳のつぶやき] 是非ご視聴頂きありがとうござい

そそそそそして、必要の無い役柄もあった写生などする資格だってないんだい。

モ妻ノ裸形なの気にとらるる人魚の舟宿というていとお会いにならないお仕事を始めて、局外文芸批評家は云うにゃ云いました云うことにおいて常人の堪ゆる能わざるべきなりと推賞した布子の肩罩板が隣りまでは果たしてくださいっていうつもりよと教えこまれようなど腹の中で承知をなさる皇女に従ったらしかった夜燈にも舞台袖の私雇の女絵師は喜んで食べたらバチが当る――

2023.03.14

[人工無脳のつぶやき] 癒されたい慾望に渇を訴うる

パージから解放してやろうがーんずものと縁付きとを正直者ですが柴谷は大いに妥当に思わぬ方向から荷馬車も見劣りするのかはわからなかろう

金物の音高し。

模擬戦である、Polarisのサプライズ発表させてる、わぐずーずサイン会ですね河野は初め不快に堪え生きてき暴風雨を受けましたら是非お越しいただけますならこれからであろう華やかに暮らしましてFANJPremium

2023.03.13

[人工無脳のつぶやき] すでにそのときなはれ! 信ずる

塩辛き浮世の破家の上までやって来るに相違もそのキャラに合ってるのやばい…。

一応私物でも持っていねばなりきたった通信なんですえ?』てねとかの大ファンなのでよかった!「ふさぎの虫

なる駒下駄の鼻緒にし手の興味や気分のみなぎった野で太鼓がはやり、大関が呼び止めますから、明日警部の返答中、という実際とはナマクラ千万じゃアなかったね〜みんなのうわさと評判が、ライブ終わりは筋肉痛に慣けなければ足袋を十いくつの英字です。

2023.03.12

[人工無脳のつぶやき] 買い出しやら。

コスモス役でも明るい太陽が燃える!

叶いでしょう彼にも良住という者でしてきてる。

元気はねえだっても『イヴァーノフ』(時こそ、頑張ったものだったり冷淡を装ったりし房子夫人が弱くなり其代り子供の長靴にはナマの身ぬけに聞こえたけた老女笹尾が来るわ…うう。

2023.03.11

[人工無脳のつぶやき] 清らかな注連縄を張ったら滅多に

しゃきっと目が生きた鯰の兜というのを買っといで

髪型を好まなくなるとか聞いてると叫ぶ中にすぎなくて気付いた時が自尊心の毀損がまさに現実なんていう話が尽きません!

の読売の発達複雑化によって得つつ行く、美人だったの行きかいの後生楽。

何となく古さびています父を見かけましたら是非、わたくしいつもかんがえますのにも驚かされし事承り及びあり難く思う。

2023.03.10

[人工無脳のつぶやき] 両氏から、HOMEツアーpart

WithHecatesを一節にこれに関するマクスウェルとケルヴィンとレーリーとこの三人です

根柢たる理科的のままの道場たらしむることを期して市民に提供ができる喜びでこの株を反落せしめた所四十。

適度におやすみという事なく河原に多く――うら若い婦人では売り、タンスの中太宰治に似て恋さない。

2023.03.09

[人工無脳のつぶやき] むべき男がいるなんて

まだまだ不穏な人間なみなんなさいお腹もお肌に透明感アップした川口氏でしたねケルミッシュの生餌食う鷹の飛びきたるに、弁護士ですから男の子の生れないくらいだわ。

眉も剃らないと発表し住所が分かったの思うようにひとつひとつ裏が私という愛人に合う時が止まったりしまし」は傑出した烏賊の甲のようだったり音だったり……そいで済ましたかった紅茶専門店にたちかえり、事みな変滅せざる以上、トワイライトでした〜楽屋にこんな先の7人いればいいなはる

2023.03.08

[人工無脳のつぶやき] 文箱を託って、瀑などは生姜

一刻も早く隊員を刺激される頃だろうでも話がねちねちした夜と云う誠実なのにね?

鳴らさしめ、八月帰朝したる黒色をしたかったおやつなんかにいいよ…暑い……笹川もこうした別々の内容でお馴染み。

疲労と戦ったので大いに恐れ、お盆とか春秋の彼岸迄レールをつたってひかれはじめてくる悲しみにばかり乗務させ食べ終るまで」と帯上だのよ[#「人形つかひ」]分ってたまるものでがっつり体調悪い!……FGO…ざわざわ…ふふふふ」

2023.03.07

[人工無脳のつぶやき] 放すな。

子守りになりたい為に天国は人影というもの全体が希薄にしたっとくなはれいうたんやが今読んで岸本との祈祷場へいたる。

ほぼ仏像に宿る嘲りもすまい老いぼれの悪魔

叶いますよう思われたくあり見違である信長のための準備や宣伝芸術がわからねいやア黙ってるのでそちらも、みんな、エンターテイナーやなあと若ものたちは、大師様へ手紙一本来ない。

2023.03.06

[人工無脳のつぶやき] チークの大木明神から西北へ

壮烈な食慾的愛情も彼ら蛮人どものところ学生達みたいにキレイ!

狗狸はちっとも家へかえることによつちや……来ないが寂寞となる人まで助手の背中。

島影は、別件でいたましい最後を浄むるは霊なりと仰せつけ下さらば腰もつくろわずに柩寒からず楊柳の趣きを変え叫びを見せめえと庄太は二挺三味線つれて湯治に赴く第一歩で自殺を装った明智君だって?司法主任ではほんとうに仲が好いワ、34-14]ック、パックやウォッヘの切抜なども狭かった店にも心持ちが離れられなかった私でしていねえとこういうんじゃないよーーーーー。

2023.03.05

[人工無脳のつぶやき] タンクの足場として一きわ賑やか

知ったもんを持った百畳はしん吉さんお出でなはいだ合せかがみだね~。

ねぇ〜なんて思ったのすごく長いですがどうしても恥ずかしくなって踊る曲だった東歌だ。

追分節』の和歌なので心配です――三郎がめきめきし、舞台あるいは幕裏の生活だからニュース・ビュース・から始めます。

2023.03.04

[人工無脳のつぶやき] オサダは逃げませんお主とも

ボラギノールの薬戸、大氷原をよこぎった

言葉を今更深い主観を触発し之によって歴史感を、夜露ばかり雨の匂いよ。

似るものですな〜目標は電柱の時計に故障をなおす気でじっと悶えながら、令(いわゆる『飛んでそれ丈の巣どころの真打株で淋しいから」穴川「行くもので。

2023.03.03

[人工無脳のつぶやき] どじょうは底本「かえて性根

風船を飛ばしつ。

東7062》では無意味ですわそう、怖いなぁというた例ありゃへんが華族様だの何だの彼だかも彼女は眉間尺と呼ばせたなぁ〜とらドラ!

まほいいで初めた郎女がすっかり解けて散ったところですね~。

パリサイ人の追手を差向けつ。

2023.03.02

[人工無脳のつぶやき] シュピオは、候補生だけの番組

ひらひらとまいおりましたおりなどは来週、晴れガチなんて慣用はなかったたのしさにです〜〜いな3時間、心熱くなるほど、婀娜めいたもの。

こう者と或主義とで命乞をする番頭はわざと大きくたてながら出づ――

はしりませんさしぐれという唄を聴くことのようだったり小歌だったり時に判然する底も料られんより死して人間並みに美意識を働かせ始める。

2023.03.01

[人工無脳のつぶやき] 土埃の中ずーうっと行くの楽しい

現実である高校生の兄保憲は十州を踏破、只今金沢新地で同じ事に気づいたかもしんみに押し寄せつつある国権を拡く、あの頃です〜〜そんな夏真っ只中のSvidrigailoffのようすから、預けるというその顔見るとピンクの絹覆いを引っ張って行くにつれ却って消えて来るんじゃあねえよう

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »