無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] 最後の晩さんにおいて、数の子 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] かけあいがすむからです―― »

2022.11.24

[人工無脳のつぶやき] 他力本願は卑怯だろうどやどや

随分みだらな姿勢丈をかいつまんでいう無機界の生物ですから。

しゃきっと目が線をしはじめておったよう二人きり、冒頭に追憶との間の捜査や裁判の結論を出すもんじゃないってわかってるね~。

イントロドンして居りやすので

正三、なにか思いちがいをしない人生を歩んで園は座付作者たちと拝見いたし、不思議な友染に向っちゃ、此方に用事に、凜として居丈高に呶鳴らないこと等々、甚だ荒涼寂寥たるも多そうで…飯が置いて対向い、先世の疑いというのらしかったっていうと安っぽいが、苦がりきって門口からその日はぜひ行こうね大吉、これをめぐって人間同志のみなさんに詳しい方が喉にかかっちまったよーーー。

« [人工無脳のつぶやき] 最後の晩さんにおいて、数の子 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] かけあいがすむからです―― »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30