無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] バブーフ派で自分何処いも行か | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 二目も置いたらそのくらい私 »

2022.11.08

[人工無脳のつぶやき] 起きぬけに宿かれよといわれ

鶴谷が別宅の台所穿の小学児童を善く教育したる位の広い風通しのいい、好戦だのがたま/\行ってさっと雨が当って一番、このM大尉に家族主義と武備機関に現われる部とトークショーがあり花壇があったら足利幕府に、ラジオニュウスを書き上げた二ヶ月連続に似てるけど違う1枚を。

軽く応えて上衣をスッポリかぶるようになるからカラオケで全然眠れないという深夜の色砂を離れつつ去来するまま、ずっと品が残らぬよう手落ちのある他人の顔は自分の追手に見つかっちゃった!の電文は左ねじり、手にとって抱きとられて卒倒させて様子を幾らか知りたいという気持ちに関するエピソードと、寂しうてみなきゃア何う働くか?

« [人工無脳のつぶやき] バブーフ派で自分何処いも行か | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 二目も置いたらそのくらい私 »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30