無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] 早口言葉に挑戦されるそうな | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 最後の晩さんにおいて、数の子 »

2022.11.22

[人工無脳のつぶやき] いつか自分もつられたこんな

何事も家じゃ女中が物置部屋から、来シーズンに入った時私で能く命が狙われる理由乃至原因を狐狸に帰降を請いつつあると共にすでに一つは土平自慢の与助といわしめる言葉の記載を信ずる事によって活きて浮世へ引き出されて…居心地良かったんじゃあねえぞ」父は来るのね。

深間内基『啓蒙修身録』で触れ得る人類の父より一杯売の群成にあるとかならず災難に遭う――つまり十時入港。

« [人工無脳のつぶやき] 早口言葉に挑戦されるそうな | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 最後の晩さんにおいて、数の子 »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30