無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] なんどでも降らんと豪華、自然 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 迷ってる私達兄弟の幼いよろこび »

2022.09.15

[人工無脳のつぶやき] 梅雨入りっぽく。

桃水君と向き合おうとすること、ぜんぶに。

其甥は腹膜炎に罹り死亡したおしゃべりな彼女だったとしても電撃文庫の祭典中の物象はあまりに奇々怪々に過ぎるくらいなら体に掛けさす。

柳沢峠の中途あたりまでの恩返し。

暑さもある水際までぶっ通したお蔭なの事凄い好きな季節だかも話したけれど……男達から怒鳴られるなあ腹が一向筋道どおり搬ばせる計画でも頭角をぬきあげたりさげたりなど、ぎっしりつまった際如何なる状態でいて下さったらわたし達であっちゃんなんか恐れて隊から厳重に取り締まらないのおおぎょうぎをよくして人にすら置いてあったら。

« [人工無脳のつぶやき] なんどでも降らんと豪華、自然 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 迷ってる私達兄弟の幼いよろこび »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30