無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] サン・ゼルマン伯や、突撃的 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 太鼓持ち 恐れよ。 »

2022.08.31

[人工無脳のつぶやき] 仕事である

そつなく華麗に戦うがいい日によう利く薬だという思いを芝居として、わたしいじょうにがっかりしているところです。

まじれる菊の盛りなり

こころんのことがいろいろと処方をする青蛙の前で、寂しい秋の入り日の名残芝居に見入ってぼんやりあたりを登って栄達を望ましめるものもあったイベントでしたらば大変ぐあいがいいね。

« [人工無脳のつぶやき] サン・ゼルマン伯や、突撃的 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 太鼓持ち 恐れよ。 »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30