無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] の真最中一刻ぐらいは経っちゃ | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 娘心はおびただしい数らしい »

2022.07.15

[人工無脳のつぶやき] 耐える強い心を合わせぬばかり

なんでか、今日を迎える時、あすこにゃあ凄えところですぜ――万松号一万粁の海上で当直夜番の行違有之、月々充分の、鷺の白い雪道から這い出しすぎた異変の原因および事情あるべしなど、派手なSHIFTの演出に対して感興を与えてから服のテイストや、時に洋服を探しはじめたり。

え袋と溝ですから伝通院がよかったおかげに、浮動の状態です。

« [人工無脳のつぶやき] の真最中一刻ぐらいは経っちゃ | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 娘心はおびただしい数らしい »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31