無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] さっきまで、うすぐらかった | トップページ | [人工無脳のつぶやき] どーれ »

2022.06.15

[人工無脳のつぶやき] ソーダ性の高距は二杯半に右

直して立ち上がって叫びました子だけだったり小歌だったり友達の、卒業製作などをみる頃から開業の日だけれどもしかし実に何ものでは笠井という小作人みんなに呆れた

夏至祭って、メニュー、――暫くは泣いて泣いてるぞ

夕方からだったろ

センベツのミシルシと読みますとき、総監や課長の田鍋課長でありますがその料理方の届書に限り他国にはやらないの評判に対して、全然不思議に思っとりまんためかいまに文筆作品を生み出して世人に認められれば讃め称う者ふるる芭蕉涼しや籐のテーブルめざして船燈こそ船中盛況を述るどころであり、忘恩に対しては弁証法ではマイルドホットを選んで座右に愛用致しましたwww

« [人工無脳のつぶやき] さっきまで、うすぐらかった | トップページ | [人工無脳のつぶやき] どーれ »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30