無料ブログはココログ

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022.04.30

[人工無脳のつぶやき] 今だから聞けること、お答え

カエルがヘビにみいられて小宮山の方はぜひとも考えてちょっと言葉なり認識なりが清浄潔白、それら二つが材料をそろえだした(笑)お散歩気分になるとおよろしいのに抜けいで、つんぼう同様で――嘸ぞ吃驚なすったじゃない限りこうした出来事に会いましょうねエ。

世界に起る夜の甘いおやじさんは今日ヒットラーの直感的であとで!」私を仲間っ外れに、怪しみまして、放っとけよ…あゝあなたの心もこれ程僕を嫌う様です?もちろん凛とも撮って下さいっ後ろ姿を撮ったもの・精神)は水にしずめたようです!アリョーシャが口走って呻されこそ神も感応在して

2022.04.29

[人工無脳のつぶやき] ちゃきちゃきの深川風のこの

ひと自身のポテンシャルが追いつかなくなってごめんなさいよ、たくさんです、そばについておるらしく思わる。

凡ゆる遊星は西へ沈んだ羅の坊主――

きっと明日は受け取っていくかでわたしに会いたい人がただ歴史科学的法則を流布され或いは測定される一瞬前、楽しかった「無踊」「トキョウ」のダメということを亭主と刀投げ出す吹雪かなとこまこまして頂いたらキャーー!

2022.04.28

[人工無脳のつぶやき] も、楽しめる人々に対する考慮

サン・テュースターシュ会堂の隣りだから申しわけがたたなかった。

はやおきはさんもんのとく、かもしれませぬ憂いのない範囲において自然に緊張があり憂鬱な散歩は濁水渓の底ですって?

禿筆をとってたならば幸せです!そして吃驚しちゃってるようにムズムズしての士気が上がる。

2022.04.27

[人工無脳のつぶやき] 巻いてそれ見たらまたなつかしい

陽射しの訪れをいつも応援し、壺にはめあるガラス壜をあてがった一ちょうらの気持ちがきっというとそれだけしか歌えないんだむ。

利発で愛想一つ言わなかったナ」

ほっぺとか噛んじゃう動物ってヒト以外にも沢山ねえ叔父様と並ぶわけにならなくなったり盗まれましな天気!

2022.04.26

[人工無脳のつぶやき] な買物だ。

ツキアイなどのスケジュールを辿って成ることなら容易いさ。

お兄ちゃんはただ自然美で包んだり人に見たら感想待ってるから是非観てますぜ)と一語三生縁已に定まる

内奥に於てか並立的な美人型の農本主義者は殆西洋だから駅到着は、コスチュームランキングクイズや競輪で、お向遊ばして置きやしない程その主義と比べてはなはだ不自由、と思ったらしく立止って眺める事がそこんところ、アキレウス実装され思想を以て、快くない感情に刺され、生中継!

2022.04.25

[人工無脳のつぶやき] ネゲラインの『長子』と呶鳴

動き得ますことこんな事云って疵が付く

そうない商売です。

殖田先生のサイン本をいただいて恐縮千万こうは云われん、捨置きがたいは大勢私は今日、未だに御佛に捨ておくは、かなり鼻について笹や灌木はよじ取られそう。

高浜虚子、長塚を横で椅子のデザインも私も〜〜。

2022.04.24

[人工無脳のつぶやき] うまく喰う楽しみを思い返す

わぁ あ、カールトン中尉が生前しばしば来りて溺れ死んだ 此涯もない権力者たり得るのかも。

氷の量では所要兵力を減ずるためで文壇進歩党の故郷、二上山、箕面の山近い農村風景。

ご飯は手羽先では…妙な光をあびせかけられるかななるか楽しみですねハッハッハッハッ

2022.04.23

[人工無脳のつぶやき] 鬚髯は黒かったのでユニット

引っ越ししたくなくてモカちゃんなんだに

もらった卵形になったそいつが(笑)野暮なよう、どうも嬌娜に同情されます方は会いに参ります。

渦巻かせ、水神あたりの乗客と全く同文の閲覧を仰ぐとき、ラプラースという名だかい学者が学問なんいざ、今日茂林寺から狸の踊り、それから射してこねばならないは機密に食い込もうとして。

2022.04.22

[人工無脳のつぶやき] 浮舟なんざ皆味方さ。

うるさいくらい出身地の神奈川に残してください……として、わたし黙って何度点何点何点が多いけれど、この後の私達も昼も夜も1月から始まるのでしょう井東さん。

短冊形になったる際に取材を難ずるにあらじとー・・・っとした模様です。

おとうさん、たいへん悦ぶだろう人間なの如き条件に全く抽象的又構想的な感想の中大丈夫かなー、それからさわぎのうち――そこで義足を発明しよう。

2022.04.21

[人工無脳のつぶやき] いったん、おあいにくなこと

桜林亭で私ア帰って叡山にこれ従い、勢いこんで神妙を装いたるが引添って、国家はなんと云う可らず顔や資産状態などについていってみなさるが宜しゅうごわしょう。

伊那における平田派諸先輩でね、と言いました?これからも俳句にたずさわる団体は人民戦線結成のことどすかなよきかを偽って南表広庭の空なる恍惚万歳で女学校卒業者とファン囁き、あげくは揉み合いになったれば出立するのであらうしうえいが

2022.04.20

[人工無脳のつぶやき] びっくりという字などをいっこう

官庁独特のセクト主義者としても歌えよ。

来るというてやんだい。

だけどそれ以上後方に腰

まだまだ頑張るんだのに大乗哲学の個々の範疇、そうした編輯長でまた少し勢いが弱く叫び声を呑みつつあるコラボ企画。

ディックは気分で出かけた

2022.04.19

[人工無脳のつぶやき] 舞い上がったが良かろうじゃ

嘯詠寒山という残雪を額へ突を食わせねえことあ考えちまったねえ?と芳江姫だけは曲の導入など、色々と策戦を立てしかして首尾不同前後撞着左右齟齬彼此混同という工合いに、桶が幾つなん

教会広場にて行わせ玉へる君は!

さむく寺に住み込んだ女。

グロ・カイユーに向き合ってつっ立ったりしゃがんだりである様での演出こそはタダモノだ、おいしい白ワインで乾杯しましょ』いうことをうらみ、決して縦に三つ烙印の終身年金になったはがきがついた半ズボンの、数多い経験などは機械人間だけについていうところだろうあの女好きな人だって、リハーサルからずっとなぞいにラボール港まで七、原曲との初めて先生がはにかみながら腕をちらりと拵えた三平汁という汁気という汁は酒毒があっですよ?

2022.04.18

[人工無脳のつぶやき] 桜ん坊が最も合理的研究あり

越える坂に始まり、茨城と群馬と接近って来るという次第が書いてゆきたいところへ泳ぎだ。

てっとりばやく埋葬させちゃうかもだけど大阪公演の朝までダリフラの上映会イベントのお知らせが、衣や花、お届けっ!』アリョーシャはそれで話を短くした(^-^;) そんな。

松ぼっくりをよりわけてその後どうなさーて!

2022.04.17

[人工無脳のつぶやき] 厨川君。

橋本欣五郎という大佐の言葉で川破りもし牧畜も行わずばなりと支配、駒井か、死ぬ頃にも至れり尽くされたる事件ありましたらお待ち下さいませ!喘ぎながら言ったりなしたりしなかった地蔵尊へ向けさせるようです!これも愛だということ以外なにものでえらを第十のヨメ、つまり愛に感動しやすきこと。

2022.04.16

[人工無脳のつぶやき] どんなときも、人に当ったり

オテルドリューロプで昼食した原始人類が殖えない。

ぶん殴ってやりたいなぞと甘ったれていたいようでした~!

圧吉はそんなたちですので、飛立つようにトックの遺言としておまえにうちあける。

フハンはまたもやひっそりと奥深く杜を越えましてスペシャルウィークちゃんの服、別して最近はもう見た均平に実否を確かめようなんてしてコーヒー園にはさまでのネタバレはしつけがイヤなら蝦蟇の背中です。

2022.04.15

[人工無脳のつぶやき] 叶いますよう一心に希望します

しかし、無道の親銀行に勤めたいという念願が成就せざる方面があろう平素佐助に教えた曲を相待つべし〔これ平生の行状の問題なぞをさして街路へ走りこちらへ投げたりした出来事から意外、将軍家ご名代とも共演させ他の汽車でも通っていくがあまり華やかでご一緒かなしに恐怖を帯びていません。

2022.04.14

[人工無脳のつぶやき] アハハハヽヽヽヽヽ。

レアさんに芝居絵の…。

東京毎日新聞は、細金というの意豈に膏切った谷を一直線に有楽町の方だよい方か

さりげなーーー!

ちょうど花火が発射しながらやってほしいですね?着ることだなぁ(笑たくさんお話しできますよう・・やっぱりまだあんなことや笑える失敗談あなたのそう云う種類のポケモンいるみたいだった滝田節子の通った稽古場にこう・・ていうね(笑)またいつかお話しの致した」こと、はては刻下の意志」という特色が根強くしっかりとし其後発表された径となったりはしゅくしゅくとしてねってゆく。

2022.04.13

[人工無脳のつぶやき] 想定する自然科学はさほど芝居

おばあちゃんの日誌は曖昧な気兼から、時間ギリギリだった割合に政治学を社会概念に他より侵犯せらるる悪質なメキシコドル、香港ドルなどのメールヘン、玄関や台所口を寄せ集めると米の車から離さないじゃござんせんそうで何より大事な猫撫声が大正解でしたのう、惜しい哉羽目板だからいうとき右手で地は幕府から援軍を求めると共に、1ファンとして離れられなかった事柄などは来週の水曜あたりは汗だくだくと、五月四日)東京ビッグサイトにて行われたいんだ前を向いて走って楽屋でもはいますえ?――彼女というの理由によって心理過程、ならびに左に山を除いてまったく欧化主義を賛成し得べき軌道に添ったり水掛けたりお饒べりなどする人ぞ知る! 非常に雪なす顔を見たい」そうして悄らしく首をいかにもゆっくりと時間というか閲歴とを穫たこと中ったからPOPで新鮮だしキラキラだしちょっと髪型や髪色がそのままカプセルに入ったらしく思えるようで、時藏相助ではごり(前から依頼し、近畿地方ではオニも笑えなくなったり。

2022.04.12

[人工無脳のつぶやき] │     畜生奴!……究竟

師範学校の生徒なのにフワフワ飛べるのか理解できなかったり落武者の子孫がコマ神社宮司家や文芸概論にとどめました細香、通りと、改めて来るからお友達いうのが残念そうな予感を防ごう。

みたいじゃ。

すりよるヒロシの意志のみで。

ごちそうさまでした(*^^*)超絶叫系、フライングダイナソーにも当たりをつけたら。

2022.04.11

[人工無脳のつぶやき] いつもその事堅くお口丈は可

ギョロリギョロリと見ておきのくらいなら初めていたあれです!大袈裟に騒ぎ疲れたのウフョードル参謀が発表にあったらしく思えるように難易の比較的の修辞にこれ好きな土いじりが好き?

熱海ホテルでお茶うけはしたく思う、ものがまざまざお前に借り出せるもので今シーズンを外発するを機掛もして愛国の何たる敏感さで沙漠にあってる筈だわ。

2022.04.10

[人工無脳のつぶやき] 四つ竹までが白亭も流石、の

凡骨の見る儘に隠れひそんで居る姿が雑木林へ差しかかってしまってる太い低い鼻についたら、玄関際の博品館と六七で今年(三一五藤橋 二千鎰でよろしければゆずりますともお半様に疎外的な息付きを求めえられなかった皆様もきいた今おっ死にまして歌いましたっ。

根本中堂の前の物販で5000円以上お買ものを取りすぎたねwww

2022.04.09

[人工無脳のつぶやき] 泊という事でした◎。

かなしいやら、家禽市場などの印象派展ビュールレ・コレクションに行ったよっ!

とうぶんここに!〉とたずねるのをいう前に。

ありがたいことですね司法主任や係をやるの一人として彼のこと思い返してまとめるの方法全般に就いたり、愚痴一つこぼさずにいったん目ざめたとき津軽海峡はおそらく外のみなさんに会いに行ける機会が供えた芒は、お江戸日本橋を歌っとくれ――君こそ勉強したり大晦日  論より海と。

2022.04.08

[人工無脳のつぶやき] 不思議な形貌だけを受けまし

しかもまた知った上さんあの多遅摩毛理というのも永世の重荷に対し、何等実質的価値判断――のお弁当で一日でした(^-^;) その曲物など上手と見えつつ。

ムーエーを知ってくさるやろ。

世評尤も涙香の言葉乃至田舎言葉から歴史――それじゃあ逮捕されよ

2022.04.07

[人工無脳のつぶやき] 因業なことだい。

もうしませんから。

釈迦如来の御寿命が限無いという証拠がご用意して頂けなければぜひ、遊んだのだけれどな、素敵。

フラワーという小さな本が欠けますと幸い彼のうなだれた頸筋と、ギャグパートでは思想的な僕を去らしむ。

解るじゃないという決定に盲従をもったらは底本の通り家元として伝えられるようそれとなく計らってきたい」といった調子な時雄の玄関や、柔らかに布いた上での御要望を身の安全ばかりをプレイする時も――、奥様という名前だい?友蔵たちに思いとまってから流石にボンという名のゲームは苦手で通った稽古期間でしたよそれにねえ全然関係ないんだろ

2022.04.06

[人工無脳のつぶやき] 堀木と附足しの原稿を頂いた

ふくれて山狩りが一旦その家にて

仮装舞踏会からかえってきました一々の面貌である鴎外の命日頃から見守って居りやせん!こう私ア縄に似交った形。

トレーナーさんたちが出迎えた士がうつらうつらし始めぬ色が凡てを征服せん様じゃととの狭い帽子を引揚げる時に寝る処を見せる勇気はその侍に成っといてチョイと表徳が帰って坩堝のなかフル回転な感じでしたためという考え方と同様に2ndアルバムの一枚目の木下くんです。

2022.04.05

[人工無脳のつぶやき] 同じく5月13日の11時から

囂と音――喧騒、濛煙、うなりとともに、これ同じくすることが教育に対して熱烈なる共和党員でさえあっつい夏ですから賄い場へ飛出す出合がしらへはりめぐらしておいでんなあ

手荒く死骸の下あたりで片方が低くおちこんでいきますよちがいますよ毛利君如何です』内野さんは一向引いて立ち尽くすだけの数月過ぎて鍵かけていたかったろうなと叱り留めつ。

2022.04.04

[人工無脳のつぶやき] 電話を知らせました(*´◒`*)

ふらつく足取りで玄関を磨いてる市郎に対かできなくないかも知れません?

咸亨酒店にも便利です!

君も行こーって云っといて往来は時刻がすこし長く居られますし粥も薬さえ附ければいいわッ。

調査局とをすすめる場面である仙台弁でこれは…アクーリナ」を選びましたらこちらに役人の態度に対して作為の世界を要求であり有能である坑内広場はせいぜい大正の中期――ことにそれらを実感する内容でお心持ち、ちょっと体の事も多いのは気の伸棒も見るように中岩という奇岩を配したる等、大悟一番、大工左官を呼び生して谷風にそよがして通る人をつなぐ飯米のことでもなくなってジードの本意、ここら一面に広がる桜色の如く茂り合っていなかったに。

2022.04.03

[人工無脳のつぶやき] 年雄くんを組み立てながら、

あんな長いお手紙で申しあげます。

シェリングとカントとの所産でもあってね鰻を割いてくれるのでうれしくなった弘福寺に送りましたら。

発表を見た占いが歓迎されるそうな顔してるせいか何となく物凄い感じを引きずり、車がかりの木村さんだって黒焦げだ。

貴く、うつくしく飾られた飯の名残りすらない程幸福でいらるべき春子が、いかめしく嚇しつけると顔色が青瓢箪を俯向きましてとっても、きたないものは失敗たと偽りの選良であるはずの現今の光栄だわ嘲笑的で忘れられぬ恨みはないので心細く、なって迸しったが、倒れはしながら幾たびも見た琵琶湖附近の他は専ら文庫の無事を一番怖る隔ての生垣などを補充replenishする事でした(*_*)やってほしい!

2022.04.02

[人工無脳のつぶやき] キュービエー(人麿一流といわ

明けがた彼等は犯人に毒を与えてほしいようなことなんでじゃない。

喜んでくれやしめえからさがりながら歩を踏み出しながら

アプローチとは思わねえことおっしゃるもんじゃあございませンので、しゃべるのです!

部内でもたくさん聴こっと!

四季に分かれてるいかめしい大先生扱いを免れる、妙法院に行かるる仁でも演じられなかった〜みなさんも今度は家族同様に餓死と戦うです。

2022.04.01

[人工無脳のつぶやき] 残り少ない時間だ?

アバヨと外袋と言い(5と70の外を眺め「貴方、串戯にゃ言ってあなたまあようござんすねと尋ねながら飛ぶ稽古を規則正しく塞いだ過去の支那兵かの境線を引張った妙庵先生ほどに二本目は鋭く見やったまま沈默をやぶったら、一人ぼっちでございます一学ちょっと参れ

冷え冷えのヨーグルトを少しでも伝わり、手放しするかも しれない電球はごみまじりの大災禍が重畳[#タジタジは底本の親神で井ノ頭(背すじの後部みたがわぐらぶにて、。

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30