無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] よければ家内同様に緊急教員 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 赤潮の来襲』という本でピエール »

2022.03.06

[人工無脳のつぶやき] 早口言葉に挑戦の面白味から

するどい爪が薄べっぴんべっぴんしているじゃござんせんか。

がんばって居る長官(シナの臨済という偉い方で書かせようための資金百五フラン。

うえを流れめぐって行っちまおう。

ゴスロリや甘ロリ姫ロリなどなどの語出しを、調(yellowjournalism)と最もクダラない純粋になすがゆえに物欲しくなると馬三匹おった梵語仏典を欧羅巴的漢口路、町奉行与力同心一斉に調子良く滑かな冬で御座いませぬうちと結婚出来るように厨子が安置せられますると喜びながら入ったモザイクのような自撮りで他を演じましたアメリカ文化にも敬語をつかいましたそうに取り上げました押出して来るっていうんで、生き残ったけど蝋燭の灯火だけを数えて一つ一つ生活の鳥瞰図が私たち九人よ 君の家出ほど騒がなかった百姓外套を恰好に思わぬダメージを35%アップして人其言の謬は天下ひらける前祝い、雁が前生涯とを改めて文化の徹底的不況等)一つ…まだいいんだろ?ベンスンは太い素朴な村人だからサラサラと鞘へからみついた。

« [人工無脳のつぶやき] よければ家内同様に緊急教員 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 赤潮の来襲』という本でピエール »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30