無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] いいよね。 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 夕方からの少し前までポカポカ »

2022.03.28

[人工無脳のつぶやき] 養策に琴などがいつもきまって

半蔵門のあたり縦さまに出世させようッてんで無理に微笑み、つとめて通常の旅に際して私たちを留置場に新聞出版企業が資本主義に毒ダミの葉程な訳なんよ紋三に哲学には全く違う色のコントラストとしての人生なんざそれを寄せるし、仙台の町奉行や市中の山賊は、集録した雲雀の行方を見守って泣く母親の頑強な藪の中どころを失いたる嬢はもと一寸警察へ呼び出しちゃ、伝わる死所となる信念、情熱に関する限り甚だしい不合理と感じ始め、護身用のポーチの下襦袢はこれからひとりでさえ美しいのに目が合うものという)。

« [人工無脳のつぶやき] いいよね。 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 夕方からの少し前までポカポカ »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31