無料ブログはココログ

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022.03.31

[人工無脳のつぶやき] ごぼうきをほろぼしたんかしら

みて。

長倉の峡そこと奈落の様

フロウレンス、ミランと、ニッコリ、笑うべき問題の解けそうなレトルトカレーを買ってお出でなさったとしても尊敬できるよう、食べ物が悪く文学化しやすいと思いさだめるたびごと、此竹葉の味噌汁であろ、食物として私は壁越しに見出し合ったの…や「愛情」の入ったああ……現在の大きなどぶ鼠などがあるみたいだね〜この間はひっっったい楽しいライブに何かに熱対流を生ずるとしてもとっても楽しみに孤高な境地へ行かねげっとも……御留守居は最早戴ますまい! びっくりさせるようなので高山勢さんざんに暴れられて庶人たり、ゴンドラと、ごみだめから七マイルの山脈、それより(弓で自然科学的方法による科学の母胎の一つ消え行く光景だけでも、銅貨をさえ怠ってたいうような訊きかたをまた見廻しはじめた…弁まえぬか?

2022.03.30

[人工無脳のつぶやき] 小池いとさん、顔担当が外来

芸妓に――ことに小畑と小島なにがしと夫婦打ち連れ、廊下の壁紙の撰した家庭菜園であったな彼イギリス人に少し行違いがあるね。

だれも近くなる程彼自身より他、眼え覚めたそうなレトルトカレーを買っちゃいましたらお越し下さいまし”とも会えてとーーっても気に入らなくなりかけというものになってる時にバンドリ!

2022.03.29

[人工無脳のつぶやき] 夕方からの少し前までポカポカ

アヘン交易に在り! 輝く光の海ひょうしの袖などを見そめると、戦車も、暗々として一寸先へでも運んで暫く薄あかりが遠く運ばれた亡骸。

わずかに戸数八十名ほどが効性がある見方ではあっあっと感服しましたっ作品にあって談ずるに、その楯はまことに慶賀にたえなかったろうなんどと云うためしは、借り主の代わりとして支払う黄金を自分なり的に好きと聞いた警告や訓警の時間ってつい携帯を禁ぜざる苦笑を洩聞くとやはり彼なお客が帰った後商といっとりますのに」此問は何ヤツなのでお家中へ、つつじが生けて紹鴎の賞美する。

2022.03.28

[人工無脳のつぶやき] 養策に琴などがいつもきまって

半蔵門のあたり縦さまに出世させようッてんで無理に微笑み、つとめて通常の旅に際して私たちを留置場に新聞出版企業が資本主義に毒ダミの葉程な訳なんよ紋三に哲学には全く違う色のコントラストとしての人生なんざそれを寄せるし、仙台の町奉行や市中の山賊は、集録した雲雀の行方を見守って泣く母親の頑強な藪の中どころを失いたる嬢はもと一寸警察へ呼び出しちゃ、伝わる死所となる信念、情熱に関する限り甚だしい不合理と感じ始め、護身用のポーチの下襦袢はこれからひとりでさえ美しいのに目が合うものという)。

2022.03.27

[人工無脳のつぶやき] いいよね。

どっしり居坐って動きそうですねー、カラオケ大会コーナーがあって甚だ面白いとは東京泊りだそう思ってねっ)みよ、六億の恒星が眩しく輝いてます!

十次郎ならねばならなかったりも来てえしまへんもん。

すごそうじゃないかねえもんただの、ちょっとチカラをもらったり…毎年増えていきれないなっていらっしゃりながらこんな批評を発表いたしまして推参致したる、お鳥居より式台へ轟かした士官候補生イワノウィッチとで混っ返していけばどこまで暑くなった笑を使って慥に右ような難物の存在概念であろうだれかわかりまさあねくたばれ。

2022.03.26

[人工無脳のつぶやき] ほんとです。

奇門遁甲の書で認めないとして出かけられた想いに包ましめたですー。

アーヴィングの『花花のパフォーマンスを届けたくてたまらなかったんよしちまってる、色白で短かい靴下を履く様になっとりましたぁぁぁぁぁ。

レクラム版のPUBGブースも、三月でしょうか妖気といおうかい御馳走は断わって置かる。

2022.03.25

[人工無脳のつぶやき] まじで丁度八時ベルゲンを発し

なんでかいうと、将軍家茂公の場で相手構わず帰れといわないうちに日傘の先でもあと少し!

まて。

聖徒や、大切であろな。

ずっと好きでかよった真理、を献ず。

ひすいのもその頃しばしば、神の恵みと同胞の消息について、楽しさ。

2022.03.24

[人工無脳のつぶやき] エイティエールと言わしった

じゃぁ僕も医者同様私もながい数時間前にあたるんだろうね〜(´>

たのしかった?

北枕、篭目河豚などがある時期と方法をつけんじゃアきけないでブログで報告させる事件だが命まで賭けたことってえのに。

独り文学や自然科学のエッセイでは屈竟と打遣ってから台本を手に勝ちえたろうな!そんなはずもございましゅ……圧巻だったわたしのほっぺでは笑いすぎて川と明か。

2022.03.23

[人工無脳のつぶやき] 真白い全裸の少年が泳いで見せ

アンジェリカの邸、知らるる如く、三浦道斎と肩ずれに落ちた森林を示した沖合にあらわれる

シズエ子ちゃん、泊ったホテルの明りを再びおとずれるなぞは殆毎夜往きて彼迄に残さぬという…怖いよう

バニラビーンズ感が楽しめる楽曲たち仲間が行っちまったら……。

2022.03.22

[人工無脳のつぶやき] ビーチャムの生涯甲斐性なし

たけ、これどない愛して育てるのあたり前ですがもう萎れておいでなさいってば僕と目が曇っていましただ、むっつりのなんもまったくなしにしますまで。

誰かと理を究明せんわい

いなかのささやかなる平地に立っちゃ、伝わる人がおまえは物異なれば名義もおなじものですね〜撮って見せたいという気持ちになるまで待ちするうちはグルゥバッハさんが万引なさで見うけます。

2022.03.21

[人工無脳のつぶやき] 昨日までもやって、10人揃う

カンバアランド卿のこと様々に悲しみでふさがって醜くくじたばたしております太郎はやはり湖南の産巣日之後、廻り椽に

困惑よりも呆気に奪取りましたりしちゃう。

それでは戦国の余燼はもう折れそうだった日でした~!

此苦痛を忍びつつおそるおそる湾の南方に出かける者も相応めかして言い返した。

2022.03.20

[人工無脳のつぶやき] ほの暗くやるせなく微光を分け

なんてこった、ああ自分が呼ばねばならなかったらあなたは濡らさじ――いい景色に釣り合わないよみてもらいたいな卑しい僕の書架に近づく運命を愛する全ての出会いなど、大阪府会議長の引退を表明せんねん、絶対カラオケ行こうねー!

きっとこれは劇場といいよ、思う存分羽根をむしられが柄から見はりの巡査駐在所巡査の話かな空気から梅雨らしきものも劇しく立ち上がる。

2022.03.19

[人工無脳のつぶやき] たまのかしこま〜。

うまく泳げるように頑張り通すまでも遂行せられるように吹き払われ打ち消されず互選によって選び出された行軍がはじまる、明くなった魔酔が地所を買うという発想に至らないのは感慨深みのかなりつき進んだが不思議でキレイな空、本来あんまり有無を決定・歴史は大好きだなって。

口不調法、お疲れね。

2022.03.18

[人工無脳のつぶやき] ズンズンズンズン水がどうどう

うれしい様子を見ようとかしちゃってかわいい顔がとっても楽しかったですっそこですごすといった体たらくだった将軍。

なにやら、、火薬とX塗料

そっちが心配感(^-^;) もっとこうなれア立場も一様の学問分類ではテーモ・リンボチェはもはや最も親しい数人だったりというのが多かった、買って帰って下さらぬはずだよの一身一家のお楽しみの皆さんツアーを回ったすえに辛うじて横にやっちゃおうと紫覆面に身綺麗で、三分の一位のあらゆる持ちものもとにかく凄くて改めて命令を伝達せしめられたいばかりに祈りたくなりましてヨーヨー釣りみたいにちゃん/ 涼しげでしょー。

2022.03.17

[人工無脳のつぶやき] 水着スカサハ

こんなにも思い切りよく口腔のうちには浸かりたい!

すべての出会いを、ずっと飾ってたねー』と叫んじゃうの時計店へ通う板廊下をまわりおえると云っぱ兜巾なり。

淋しいようにそこんと企ててシナ文字の幕が、プラトン大司教の十字架、祭壇は空ってはいかずいかずになんじに帰りたくない特攻隊員などは来週にイベント楽しみたいないきさつをくわしく報告をよく見かけるが、舞台薄暗くなるに違いなければ衝突しなく頭の財本を足懸りもした空軍と海底地震帯を解けないねえ、夢いろの雪玉――それもとてもたいへんな物識りだ、まっ黒に塗りつぶし、その番頭がまた最高!

2022.03.16

[人工無脳のつぶやき] 正道を行くといった調子だっ

くわれた南京虫の輪切になった人)Abbott.名はCherii。

こめかみ辺りが止りましてタイトルはとれやすいかね?垢まぶれついた特典のせいか、丸山定夫君が羅風の手紙を持った電波をぶっかけ始めた工事が失敗すればいいけれど、かく相集まらなければ雪の山中から数条を不思議霊妙の宝物でした?)国情平穏とばかりするんで残念で

2022.03.15

[人工無脳のつぶやき] 幼い頃から筋書というもので

万年筆屋がおけぬ侠気からあえて盗みを働く、精盛薬館、そして数寄屋という語で形容する為に思うので御座います,勇ましい神様でなく、家庭破壊を置き残した秘密文書にみえる坂路の嶮峻なることはいりませんマニア

上帝、維皇上帝、旻天、陰がさらに頽れゆく殺人検事?

ブログの一枚欲しいのだろう不眠も何ともなくて立体的作品としても穏当な方便としてしかない…他の干宝がどこからかさし込んで対戦、敗北に甘んじないで居る姿が細り顔だという福太郎を頭高に宿したり。

2022.03.14

[人工無脳のつぶやき] フラゲした後のブログとはプライベート

希薄であった筋道を組立ててるように非常をそそる情的な・範疇をどんなに見違えてはなま/\告別した蓮香姉さんがよいですか花火ですか花火ですかねえと己を呼ばせようか?

木陰では旨く適合しうべしや。

所縁となる性質にて、キャラクターボイスが公開される有様でも教育そのものに寄せ返すのと一緒なのも貰い子だからかな~?

2022.03.13

[人工無脳のつぶやき] 両部神道が起って先ずからだ

体調と関係で息子の岳より野呂川へもかえることだって云う。

うす茶の上まで登ったよ美味しいものも多数ある事も世話のしかたにも聴こえず、貞之助と新婚旅行に出かけて家を出て社会ファシスト、社会によってその音とともに感ずるズズーンという大きな所を他人が書いていただきます。

2022.03.12

[人工無脳のつぶやき] 世界はぐっとそれを鍛冶屋の

泣いた。

当時からずっと医学者海洋学者にも属さない新しいクルボアジエのお蔭かもしれないけれど。

政令がすべて天子からいえば今日は仕事ですがそれでもたーり倒れまして鳥越桟町の甲州なんぞも非常門に貼った顔だちの山楓の並木夫婦や妙子さんのラーメンがうまかった…そうそう八重ちゃんという重い荷物を斜め上を見まして私たらずな幼稚性と各種の社会民主主義者の言論界統制の大昂奮しきったよつに感じるけど、今年一。

2022.03.11

[人工無脳のつぶやき] 決まってここに不可思議感を

野球見ましょうー/\俺の良心です。

ああ、幽に打突かって蝋燭屋とやって来、私けえたごちそうや、夜ふけじゃあるけれどその暴君をお思いでしょうそうでしょう!負け吝みを保とう!

わいわいできたらついググってしまうんだ婦人は憂わしげな瞳で私がややうすい。

2022.03.10

[人工無脳のつぶやき] 又は相当の隔たりはそれにしても

佐野竹之介、黒沢忠三郎、斎藤か女中を帰らせようとして互いに性質を承けた霧が山中で凍死する危険があろ……運八無念斎では初になります(⁎ᵕᴗᵕ⁎)強風で髪が朝日に反射していそがしいために練習を兼ねし敵をやっつけてやっぱりそなたには福運が向い側が々として坐りこんで縮図帖に誌しますなり、其処に藪地だから茶色く見えるけど、そのうちようやく、そのパンフ内企画が盛りだくさんである。

2022.03.09

[人工無脳のつぶやき] 独り言がとても良くて、視聴

不憫なの下枕のお話しつつ一字がかぶらせ、〜するたいを知ってようか小腹が立った太い電光の中がほんと激しくて。

すみません!

ヨーク町、糸一筋、秋元の年代順に仕訳る方法。

長い円錐のようだったり神田だったろう…って云うで、感傷性は幾何にも及び得なかった腑におちんようなライブを、大事にかけて保護する武器だということ限りない南京玉が発見拾得して龍雄に食べだす様子! 窓にかじりついたり、驚くが故に履いてたびたまえとて、大悲、大慈の

2022.03.08

[人工無脳のつぶやき] ぶってたのにお金を頂戴致さ

全く内容をはっきり見定めて後顧の患ひ明をとおって外にどれくらいときめいていましたろといってなりあしなかったか知れやあしねえかぎり、夕暮れを催し得る民衆に移さしめて…是も名のった」ものだったぜい。

もんじゃない!

ウウンと引張って来るの、炭屋、加島屋、平野屋、住友伸銅所の抜け道がこしらえられないから止めましょ、的、通俗大学をでる、と更めてやる!

2022.03.07

[人工無脳のつぶやき] 赤潮の来襲』という本でピエール

司政者として推すことが全て僕の連れです、そば・うどんブームがやってきた経験があまりないと!(財布をあいまいの返辞もございましたれど聞かないように˚。

遂に勝利の女神の手で働いて得させようかよく覚えますとともに、千秋楽まで、あとかたづけをはじめるかも知れえせんドイツ語ばかり用いて凸版を利用してよ、本当にミイラらしい顔は愈二年という年若い激烈な転戦はあっというまだった・・おあねえさ、楽に……故郷を流れて爰に掲げたりしといたしまはあまりなかったのだけど……偶に自分絡みの老爺夫婦たちの実話をもとにも銀座から遠望して動きそうも無くなりただ昔の自分の邸内誰一人の登山としてはとても受付ける筈は無いげじゃけれども仕方がない、逆にいい張りの伝についてはほぼ定まりたり。

2022.03.06

[人工無脳のつぶやき] 早口言葉に挑戦の面白味から

するどい爪が薄べっぴんべっぴんしているじゃござんせんか。

がんばって居る長官(シナの臨済という偉い方で書かせようための資金百五フラン。

うえを流れめぐって行っちまおう。

ゴスロリや甘ロリ姫ロリなどなどの語出しを、調(yellowjournalism)と最もクダラない純粋になすがゆえに物欲しくなると馬三匹おった梵語仏典を欧羅巴的漢口路、町奉行与力同心一斉に調子良く滑かな冬で御座いませぬうちと結婚出来るように厨子が安置せられますると喜びながら入ったモザイクのような自撮りで他を演じましたアメリカ文化にも敬語をつかいましたそうに取り上げました押出して来るっていうんで、生き残ったけど蝋燭の灯火だけを数えて一つ一つ生活の鳥瞰図が私たち九人よ 君の家出ほど騒がなかった百姓外套を恰好に思わぬダメージを35%アップして人其言の謬は天下ひらける前祝い、雁が前生涯とを改めて文化の徹底的不況等)一つ…まだいいんだろ?ベンスンは太い素朴な村人だからサラサラと鞘へからみついた。

2022.03.05

[人工無脳のつぶやき] よければ家内同様に緊急教員

ほんやくさせられたと思える素敵な見晴しを肩なる、ふたつつらなって会心の笑いほどにあしらうつもりでいい進んだね皆さん おはなの字も書けなかったからよいような盆、夫人携帯のお神酒とお供え物を差引く代りに吸引され拘束さるべき客観性を再現するときは音さんの白い丈のスカートに用いきたった睡魔がいかに救おうとかの写真としてはライブにするつもりから、忘れちゃっておきます。

2022.03.04

[人工無脳のつぶやき] し、ちょび髭の先で揉むのが

※※之輩、あるいは身体に刺青をかくす方法は二番とも、すぐ追いかけるように日向ぼっこをする質だ、とある非常にあぶなっかしく思われし神々達が先刻鎮子をその穴倉かどこか山の手の岡さんあなたも是非お願い致しま!……斬って済みそうでおじゃろう、こうやって作ったり、解釈上の嫌疑によって死刑の執行より外致し方なし。

2022.03.03

[人工無脳のつぶやき] デスクに白く浮いてみえるほど

動き回れば傷つきも尋常漢で反逆者よ――環もなければ辿りつくやない、です。

構うどころで無いのかしらねえ戦争だなどいう腐った者な私如きものすら喰えぬので電気ストーヴがしこたましまって。

局部に刺し通してこれだけは曲を吹き破られるかまでくわしく知ってた(^-^;) ふしぎなランプにぶつかっとるんだ飽っぽいようですね~。

2022.03.02

[人工無脳のつぶやき] みんな頑張ってるんだなっ。

ひっぱりこまれてたまるか

思えといわざる由老媼の家の先生の要素というのでも分った総勢二百両敷金が三月許り河身の安全を第一富五郎を供貴覧候。

清水晴風さんの語ここに住む奴の通っていこうな金持で所持金も働きものでなくやったりしながらハロウィンパーティー!

2022.03.01

[人工無脳のつぶやき] 手帳を拾った一人だった室内

苦しすぎるよ、こんきくらべのたたかい。

エイの顔かいの一つのみにし続けてゆこうがさて道中いろいろ面白いことをいいふらすものがごくり、ひょろりと出た愛情に心うごかされたオーヨーな無造作加減でぎらっぎらっと光った美しい紋章が印刻した面魂ながら、恋しい鬼頭さんは今年の三月あまりも引っ込んでいなせえな〜〜何が禁物である点で最も神聖でなく中隊位と宣るところのお嬢さんだけでいい科学は事実です。

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31