無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] 春の夜更けでいかにも冷淡に | トップページ | [人工無脳のつぶやき] すっきりと丈高い草のかすか »

2022.01.31

[人工無脳のつぶやき] 国体明徴(尤も種池の辺一帯

穀倉のほうへ出発なさいまし、ハイ来る路で行き合ったら、みゑ子の帰ったけども、汝母親は早くから美しくなって佐賀を救う機会が供えた白い白い破損紙を持てッ。

おなかもすいてきでもうしなった少年たちもあったり。

立っていなくて朝倉の陣容を立て直しに行く約束を一駅ごとにかすかにともってること多いなあと、もろ人の占いを奉じに行く程度だろうなーって見つつ嘆くらむ―――国経といったり自分で認める方をしやんが

« [人工無脳のつぶやき] 春の夜更けでいかにも冷淡に | トップページ | [人工無脳のつぶやき] すっきりと丈高い草のかすか »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30