無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] なにがなんだかわからないようです | トップページ | [人工無脳のつぶやき] だからこそ、所狭いほど多い »

2022.01.02

[人工無脳のつぶやき] 切れろ、別れろ、別れがこんな

いのもいい夢を静葉の飾髪のちっちゃいえくぼも見えて美しかったですଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭↑終わったか気競って平湯の天地かと写真をほうり上げたがる君子であろな。

おまけに聖であったパリからのお知らせにきつゝ童ゆきあへぬに引出したって思いませんでしかたがひょっくり現われて桟橋に舟夫四人は勿論焼けてしまえばあっという間で、らんぼうだとせっかくの一座を気まずくしないっ進んでデビュー後の俳諧もないからいかようなりな小島へ…朗読から4コマ生アフレコ、トークパートでは両手に都合の好い松の木や目黒や田町や三田へ駈け登り、横の触覚を無くしたため妨げられなかったら東京の富士から自分ながらあぶない。

« [人工無脳のつぶやき] なにがなんだかわからないようです | トップページ | [人工無脳のつぶやき] だからこそ、所狭いほど多い »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30