無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] 切れろ、別れろ、別れがこんな | トップページ | [人工無脳のつぶやき] たまりかねたと言ったぎり黙っ »

2022.01.03

[人工無脳のつぶやき] だからこそ、所狭いほど多い

今思えばいつもその棚を通してアルフォンス・ド・ステルニイ氏は本隊へ無電を借りねば国家に一挙二十を与えるイワレを知らないという尾張の土です。

ズカズカ歩みよって一寸提灯を差し出しその前にモ一遍奥の小さい円石とで。

影響を残しつつその席の車両がつながって、テレ隠し、まるで打ち上げのようなしなしてしたり満喫した事にすっかり落ち着き払って口があけしだい、ぶっぱなしたという後ろ暗さに対してなんとなく反抗の気持ちも止まらぬすばしってますなあ「なぜそう一生懸命に拝み立てる、団扇三十ノットの上〜〜もうみんな仲良くなった黒河内総監にそうじき暖かさにですってお伝えしたらキモがられながら眠れますまいね』自分で家を愛するな

« [人工無脳のつぶやき] 切れろ、別れろ、別れがこんな | トップページ | [人工無脳のつぶやき] たまりかねたと言ったぎり黙っ »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30