無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] 厚遇して…これが初枝に下り | トップページ | [人工無脳のつぶやき] そうですね、悪い癖ですもの »

2021.12.07

[人工無脳のつぶやき] てか、不老の一まい下は力強い

そびゆるを望める時、徐に旅程に上ったら劇場の赤星十三、染五郎の座りようを、苺クリームの上吊ったサックにしまい込みながら近寄って、会場をこしらえ唾でさえ非常な重量で沈みますほどならいっそ元通り夫婦に願ってる彼女を思い遏りて煙草入れや紙のない絵画は装飾らしいものさえ、耳を傾けて,もっとよく知る村民のみが盛・掛は降りられますぞぃ。

« [人工無脳のつぶやき] 厚遇して…これが初枝に下り | トップページ | [人工無脳のつぶやき] そうですね、悪い癖ですもの »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30