無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] ヒノキの枝かしらと考える訣 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 欲しいばっかりよ。 »

2021.10.10

[人工無脳のつぶやき] こなせないという感覚を呼び起こす

紫陽花まつり、いつも爺さんがあっ気にとらないうえに見る四ツ濡るるを覚えうけたキンカ糖の消費対象を内献申しあげた肺臓もなければ優劣は勝敗に心しながら黙って実行されれば小突かれるようにね。

あい、立山からの数々。

氷のとけるようにそれを解いていく数隻の漁船商船が、手きびしいと言ってハグして五更(五千法より少し大きくなるよう頑張りますから気の毒な父親に仕えさせた上じゃなどいう風に思い切り投げ倒しました事実。

« [人工無脳のつぶやき] ヒノキの枝かしらと考える訣 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 欲しいばっかりよ。 »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31