無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] 曳舟まで出て来て欲しい時、 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] こなせないという感覚を呼び起こす »

2021.10.09

[人工無脳のつぶやき] ヒノキの枝かしらと考える訣

冠木門の内そと差控えますが是と申しわたしておりそうろうとの挨拶すらろくにできないところを打ち明けたくなりまさるばかりだった支店長と野球観戦して重なりあったかい紅茶を注ぐ時、左手らしい金釘流で書くと八月は満行に属する部類で客ひきもきらないほどあるので急にあったかくなったりとゲームがある規則に従って永く回転せざる万物の極まりまする処で三文使い、火打よろしく取り出して綺麗でした・」は川野水太郎の葬式について、ゆったり歩を降りぎわに失踪しましくは聞き取れなかった手匣とか行李とかを聞いちゃあ詰まらねえと申しならはむしろ迷信的表象によって分析を通過せしめるのが君。

« [人工無脳のつぶやき] 曳舟まで出て来て欲しい時、 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] こなせないという感覚を呼び起こす »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31