無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] 秘宝は三軒ことわられ)あれ | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 秋分の季節がやって来た甲斐 »

2021.05.22

[人工無脳のつぶやき] 浮かれ、あんなに不意に搦附く

いらっしゃらないのを以て法を使い続けて記し終りたる娘時代まで元地へ変更えしようっと(笑いたもうと急口調のかげの丘なぞに限らざるが良い!

同期の作という薬師座像と観音像だけを歌う海員たちが、空腹からうまそうですさかい。

エリザベートにとっては決して去らない其の当時幾度も書斎から寝室へ忍び込んだりしながら奥州諸国を巡礼が畢って顔を舌をもつ文学的観念として意識高いので一郎親子はどうしてこんどの抱えや本家の人へを作り匙をなげだし、日本人に対する感情と時として思い出す。

« [人工無脳のつぶやき] 秘宝は三軒ことわられ)あれ | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 秋分の季節がやって来た甲斐 »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31