無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] カエデの赤い祠を眺めおるうち | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 売人は売屋の分家へぬかすので »

2021.04.20

[人工無脳のつぶやき] 性がありといはずやが持った

時次郎は私ですから店となったれどものやり方次第で血生臭い事ばかり思い出して帳下の出来事や感動がたくさん映像を鮮明に活写してとても達成感や世界が実際首丈けが早くなった公式的拘束のまま、ずっと寄り添ってるからかさっぱり軽い感じ!

夏バテ来そう、今朝寅の奴封筒が八つ。

« [人工無脳のつぶやき] カエデの赤い祠を眺めおるうち | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 売人は売屋の分家へぬかすので »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31