無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] かよわきこの女性、藤原定氏 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 細川忠興に消息を載せる紙鳶 »

2020.10.06

[人工無脳のつぶやき] 意にそむいて其の性格を持っ

ねぇ!

こめかみ辺りがオォーンってなりますも惚れ/″\と泣くのこらえにこらえとおし、出来ましたるお客様のおいでまでの話したいの頭こそは博士を煩わさず自動扉がうつるのでしたけど時々末梢神経でひねくれるのさびしみなどはむしろ一種きりだった町田忠治というようでしたもんなー、もう無茶苦茶な流行かどうかみました余輩一[#女+麗、金まで支出し、両分したる語かたり明かし、「たり」(檜嬬手も全く一つの手段としてきっかけに男女の心に響きますか~?

« [人工無脳のつぶやき] かよわきこの女性、藤原定氏 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 細川忠興に消息を載せる紙鳶 »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31