無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] うら悲しい灰色の靴下絹ね。 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 少し離れていられりゃいいの »

2020.09.09

[人工無脳のつぶやき] ルームを真昼中狂気染みて見え

きっと、私すごい頑張った次第、ブログにお台場あたりまで来ながらもたがいにあまりウルサクするの難しかったけど、それから目まぐるしい速さで行わるるや、斧で切り取られてる、みんな笑顔で。

鼻血や脂汗に、洋綴で、まじまじ僕たち青年の後ろの席、夜待ちの車夫まで捜をさんし宿屋の大きい机をいれて言うものもあり……降るようで暢やかで是非ないと分かりませぬ」]近寄るのでフィンが呼び迎えた養子の話ゃ変だ」余に当るべし。

« [人工無脳のつぶやき] うら悲しい灰色の靴下絹ね。 | トップページ | [人工無脳のつぶやき] 少し離れていられりゃいいの »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31