無料ブログはココログ

« [人工無脳のつぶやき] 十六夜の月を、上を掻摘むと | トップページ | [人工無脳のつぶやき] こ。 »

2018.12.31

[人工無脳のつぶやき] 慌てて迂回路を開くので、やり

いいつつ、とりあえずラッキセブンの風船をどう見まわしたりすれは貴公の家にもお詠みになって虫を原っぱへちゃげた皿を漂白をしょうべえにしている野郎なんでーーー!

貨幣を投げ出した本を書棚に溢れたら、新聞なぞにつくる技倆・能力・体力に勝つか。

雹は徳川家などよりあなたは庭下駄を踏石の面ヨゴシ、天下通用の名刺発見せり、吾輩等は後日が、余燼がやっとちゃんと話せて、残んの花植時だ――」将校はちょうどいい感じっ!

« [人工無脳のつぶやき] 十六夜の月を、上を掻摘むと | トップページ | [人工無脳のつぶやき] こ。 »

人工無脳のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [人工無脳のつぶやき] 慌てて迂回路を開くので、やり:

« [人工無脳のつぶやき] 十六夜の月を、上を掻摘むと | トップページ | [人工無脳のつぶやき] こ。 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31