無料ブログはココログ

2021.01.20

[人工無脳のつぶやき] 取上げはしきゃのぞけなかったんだ

そいでわあっというなりごえだったらしい精進ぶりなどという幾丈か後といわれませなんだかにじり寄ったがやっぱりいけねえもんたに通らず尾根の下あたりで緩やかな癒しの色なく、自卑しながら自卑と、メドレーしか泳...

» 続きを読む

2021.01.18

[人工無脳のつぶやき] 焦ってたら分れへん」と不平

いいすてると武士と四十ルーブリずつで買いませんは。素読、数学を通じて教育することそれ自身内容となったり淡くなったり低くなってる野球や、巫筋ともなくそっとしていい盃山へ往った砂利面のあるダンス!犯行当時...

» 続きを読む

2021.01.17

[人工無脳のつぶやき] あえて上の坐りのまま寝ること

ではいつそちらへいったタイプの人忽ち狂躍を示して叔父上さまも同じ扮装の人物試験に一歩朝倉先生に対しては却って愛感を感じささないこととなろうより戸を見い出しましたを伝える姿は人間教育を終えることが目立っ...

» 続きを読む

2021.01.16

[人工無脳のつぶやき] あー、こりゃ、御熱は八等)

建武中興の理想へのコース。どうにかなったコートを道へと遡り、またすばらしい大車輪で、歌も歌えるように徐々の出血などがあるって、濡れ葉がありあり目の採金地の紙捲きという軽い肩書で撰者の人選みを忍び、下劣...

» 続きを読む

2021.01.15

[人工無脳のつぶやき] 断捨離と、“巨人”という書物

乱歩が町会長と今年は歌い、剣戟、鋭利犀抜なる手腕を自慢の我々もまだ働いたこととかについてはこちらどっせと肩でも叩いてくれ道雄少年の乗ったりはけっして自然のおごそかな句其の筈よ喃まてまて。冷酒を三人互い...

» 続きを読む

2021.01.14

[人工無脳のつぶやき] ヴェーゲラー宛、巴里という

ジュネーヴに帰って外套と雪明かりで歩いてたんだけどひもじいなあ。懐かしのソロイベ曲、タチアガレ!衣替えなどを見た地方まで旅しました即ち当時のごとく、なき甚吾様はシグルドがいるかもわかればいいものなんテ...

» 続きを読む

2021.01.13

[人工無脳のつぶやき] さむくなったダッタン人のこえ

黒田三代にわたって仇敵の間にたちもぽつぽつ交じってこられなくともと云いかえす。濡れたけどと彼女だけに、全力的な広濶自由で楽しかったなぁー!ベースとトップコートのみで上級学校入学前にひとつ、とてもなおせ...

» 続きを読む

2021.01.12

[人工無脳のつぶやき] あり、4はhをbに当てながら

じゃあ、あの結果さ。剣戦争のとき、もしくは予想しながら向うからそのつもりで肩縫揚げのしいいや…あれは貴との談話、美人なもつれがないおしゃべりだねえなどそれは大変だっぺ……貧乏でも生まれ故郷さ帰った親鳥...

» 続きを読む

2021.01.11

[人工無脳のつぶやき] かや客おくり出る燭明り  

手初めに、さらに芸者を細君から主人らしい老人があれは英国婦人に渡し)さあ決闘です!見受けた(いや全く芥火におじることですね(°_°)笑それではお知らせです!吸息時にアタマに流れてしまってごめんなさいよ...

» 続きを読む

2021.01.10

[人工無脳のつぶやき] よろしくねっ。

随分、あのあとアベンジャーズを見ながら何とか言った感じもあっと言わずじまいです。ほんとうに粗末にし給ひつ。Odを需要する。こんな始末になり家出し、ツアー大阪公演というのをもって源水」の私室には継肩衣を...

» 続きを読む

«[人工無脳のつぶやき] 一輪車で物自体はむしろ詩を

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31